小児歯科診療について

お子さんの未来につながる小児歯科

「くぼ歯科クリニック子ども歯科クリニック」は、「痛くなってから通う場所」ではなく「予防するために通う場所」でありたいと考えています。お子さんのお口の健康やメンタルへの影響を考えても、「むし歯になってから治す」のではなく「むし歯にならないようケアする」ことはとても大切です。当院近辺(大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市など)で小児歯科をお探しでしたら、当院までお気軽にご来院ください。

小児歯科で健康を育む

小児歯科で健康を育む

いくつになっても美味しくご飯を食べられる、すてきな笑顔でお話しできる……心身の健康を考えるうえで、非常に大切なことです。高齢になっても入れ歯に頼らない健康なお口の状態を保つためのポイントは、実は0歳から20歳までの過ごし方にあります。特に0歳から3歳まで。予防の始まりはこの時期。3歳までにミュータンス菌を移さない。3歳までに甘いものを覚えさせない。

0歳から20歳までの時期はむし歯や歯肉炎のリスクが高いだけでなく、乳歯から永久歯への生え替わり、歯列の変化、骨格の成長など、一生のうちでもっとも身体的変化の大きい時期です。そのような難しい時期だからこそ、小児歯科に定期的に通い、お口の中の状態をしっかりとチェックしてきめ細やかに対応することが重要になります。

子供時代のお口のトラブルや骨格の未発達などは、将来に大きな問題を残す可能性もあります。未来を担う子どもたちの健康なお口を守り育て、生涯にわたって健康でいられるための基盤づくりとして、当院では小児歯科に力を入れています。

健康なお口を手に入れるためにすること
ポイント1リスクを知る ポイント2細菌をコントロールする
検査を行い、お口の中の現状やむし歯のなりやすさ(リスク)を調べます。 むし歯・歯肉炎の原因は、細菌のかたまりである「バイオフィルム」。それらを除去し、お口の中の環境を整えます。
ポイント3ホームケアの指導を受ける ポイント4継続的な成長観察
適切なケア方法を知り、デンタルフロスなどのより良いケアグッズを取り入れることで、質の高いホームケアを継続します。 定期検診のメインテナンス時にはお口の中や骨格の成長変化を確認し、適切な対応を行います。

大事なのは「家族で取り組む」こと

大事なのは「家族で取り組む」こと

お子さんのお口の健康管理をしっかり行うためには、まずご家族がお子さんのお手本となるような意識を持つことが必要です。子どもさんだけ受診されているご家族の方はご家族のお口の状況はいかがでしょうか?子どものむし歯についてだけでなく、ご自身のお口の中を理解し、家族みんなで予防に関する正しい知識を持ち、みんなが揃って実践していくことで、お子さん自身もお口のケアを習慣化することができます。そうしてお子さんの歯科健康意識を高くすることで、将来にわたるむし歯リスクなどを減らすことができるのです。
当院では、ご家庭での指導方法を含めた丁寧なカウンセリングを行いますので、ぜひお子さまと一緒にご来院ください。

診療の流れ

お子さんの成長に合わせた適切なケアを可能にするため、当院の小児歯科では次のような流れで診療を行っています。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

診療の流れ

成長を見守る医療を可能にするために、
私たちは以下のような流れで診療を行っています。

初診
各種検査を行いお口全体の状況やリスクをしっかりと把握・記録します。
説明1
歯科衛生士がバイオフィルムを取り除き、お口の状態を治療可能な状態まで整えます。初診で行った検査の結果について説明を行います。
治療
治療が必要な場合、歯科医師が治療計画に基づいて治療を行います。
説明2
ここまでで、どれだけ状態が改善したか確認し説明します。
メインテナンス
改善されたお口の中をこれからもキープしていくためのメインテナンス期間に入ります。頻度については歯科医師と相談して決めていきます。

唾液検査でむし歯リスクをきちんと把握

唾液検査でむし歯リスクをきちんと把握

当院では、患者さん一人ひとりに合わせて適切な治療・予防を行う「MTM(メディカル・トリートメント・モデル)」という方針を採用しています。適切な治療計画を立てるために重要なのが、お口の中にどのようなリスクが潜んでいるかということです。唾液検査は、それを知るために行います。

検査結果をもとに、ご自宅でどのようなケアをすればいいか、当院でどのようなケアを行うかという内容をご説明します。ご家族一人ひとりに合わせたむし歯予防プログラムを考えますので、まずは検査を受けていただければと思います。

成長を見守る検査と記録

レントゲン写真撮影

歯の生え変わりの様子を観察し、必要な場合は撮影を行って現在の様子をしっかりと把握します。場合によっては矯正などの治療を検討する場合もあります。また、リスクの高い時期に隠れたむし歯がないかもレントゲンで確認できます。

口腔内写真ではむし歯があるように見えないが…
口腔内写真ではむし歯があるように見えないが…
レントゲンで撮影するとむし歯があることが分かる
レントゲンで撮影するとむし歯があることが分かる
メインテナンス

ホームケアがしっかりできているのかのチェックや、バイオフィルムの除去、専用機器を使ったプロの手によるクリーニングなど、さまざまな処置を行い、お口の中を衛生的にします。