口腔がんとは

口腔がんとは

口腔がんとは

先日堀ちえみさんが口腔がんについて公表されました。

無事手術が終わったとのことで何よりです。

 

先日の発表に伴い患者さんから、

口腔がんなんて聞いたことない、口腔にもがんがあるの?と多数ご意見をいただきました。

いつも使うお口でありながら、一般の方にはわかりにくい領域でもあるかと思い、当院で口腔外科の分野を担当しております、副院長より少しコメントさせていただこうと思います。

私は口腔外科の病棟で仕事をさせていただいた経験があり、舌がんなどはよく遭遇していました。

胃がん、乳がん、大腸がんなどは検診やニュースなどで聞き馴染みがあるからなのかもしれません。

口腔がんは舌がん、歯肉がん、頰粘膜がんなどどこにでも発症はありえます。

中でも舌がんが一番多く、初期は口内炎と鑑別が必要です。

口内炎は1週間ほどで治ることが多いので、1週間以上も治らない場合は、一度歯科医院を訪れることをお勧めします。

また舌は見れば見るほどいろんなものが見えます。特に葉状乳頭は家の照明では暗く、がんと見間違えやすい組織とよく言われます。

個人的には一生懸命、舌を引っ張り出していろいろ見始めると、日頃見たことのいろんな組織が見えてしまい、不安になるかと思います。あまりお勧めできません。

 

話は変わって、唾液検査でがんのリスクを調べることができる時代になりました。当院でもまもなく検査をすることができるようになります。安静時唾液を0.1cc採取するだけ。肺がん、大腸がん、乳がん、口腔がん、発見しにくいと言われる膵臓がんをも、早期発見できる可能性が言われています。

詳しいことは当院スタッフへお声かけください。

一覧に戻る