予防歯科

お口から全身の健康へ、メインテナンスを常識にしよう

「くぼ歯科クリニックこども歯科クリニック」では、お口の中の健康が全身の健康につながるという考え方をもとに、「生涯健康」を意識した予防歯科に取り組んでいます。当院近辺(大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市など)で、予防歯科・メインテナンスをお考えの方は、お気軽に当院までご来院ください。

口腔の健康を守ること=全身の健康を守ること

口腔の健康を守ること=全身の健康を守ること

口腔の健康は全身にも大きな影響を与えていることがさまざまな研究から明らかになってきました。
メインナンスで口腔内を健康にするとともに心も体も健康に。

歯を失う原因

歯を失う原因

歯を失う原因の約9割はむし歯と歯周病と言われています。
しかし、事前に正しい知識を身につけ、自身の口腔内環境を理解することで未然に防ぐことが可能なのです。

メインテナンスについて

予防歯科でメインテナンスを行う目的は、次の3通りです。

  • ホームケアの状態を確認し、適切な指導を行う
  • リスクやお口の状態(歯、歯肉、粘膜)の変化を確認する
  • むし歯や歯周病の原因となるバイオフィルムを除去する

ご自宅でしっかりケアできているか、何か問題が起きていないかなどを確認したうえで、細菌のかたまりである「バイオフィルム」を除去して、お口の中を清潔に保ちます。

バイオフィルムとは……

細菌のかたまりで、むし歯と歯周病の原因です。
うがいをしたり、軽く磨く程度では取り除くことは難しく、きちんと除去するためには歯科医師・歯科衛生士による器械的な除去が最も効果があるとされています。

メインテナンスの効果

メインテナンスでバイオフィルムを除去し、担当歯科衛生士からホームケアのチェックを受けることで、お口の健康状態を維持することができます。一度メインテナンスを受けても、食事などをすることでお口の中の衛生環境は少しずつ悪くなっていってしまうため、一定期間ごとにメインテナンスを受ける必要があります。

メインテナンスの効果

ホームケアについて

ご自身で行うセルフケアとも言いますが、歯科医院でメインテナンスを受けるだけでは、むし歯や歯周病をなくすことはできません。普段のホームケアが重要で、歯科医院で提案された個別の予防プログラムを実践することこそ意味があります。
月に1回まじめに歯科医院に通っているのに、なぜむし歯ができるのだろう?
そんな悩みをお持ちの方、一度ホームケアを見直してみてはどうでしょうか?

ホームケアについて

メインテナンスで行うこと

むし歯と歯周病を予防するために必要なメインテナンスプログラムです。

口腔内診査・歯周ポケット精密検査 ホームケアのチェック・指導 超音波+ハンドインスツルメントによるバイオフィルムの除去
メインテナンスで行うこと メインテナンスで行うこと メインテナンスで行うこと
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング) 高濃度フッ素塗布 歯科医師による口腔内全体のチェック(年1回かつリスクに応じて)
メインテナンスで行うこと メインテナンスで行うこと メインテナンスで行うこと
咬む力から歯を守るための装置(スプリント)

咬む力によって、歯や詰め物・被せ物が欠けたり割れたりする場合があります。おもに就寝時のブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)で過剰な力が加わってしまうのが原因です。咬む力から歯を守るために用いるのが「スプリント」という装置で、特に就寝時にブラキシズムの疑いのある方には仕様をお勧めしています。

PICK UP

「健康寿命」を伸ばすためにもお口の健康維持を

健康寿命とは、日常的に介護などを必要とせず、健康で自立した生活ができる期間のことを指す言葉です。「ただ長生きする」のではなく、活き活きと暮らせる「健康寿命」を伸ばすためには、「病気にかかってから治す」のではなく「健康を自分で守っていく」という姿勢が大切になります。歯が健康な人ほど元気で自立した生活が送りやすいというデータもあり、生涯健康と歯の健康は切っても切り離せません。

「健康寿命」を伸ばすためにもお口の健康維持を