妊婦歯科健診について

「マイナス1歳」から始めるお口の管理

「くぼ歯科クリニックこども歯科クリニック」では、妊婦さんと生まれてくる赤ちゃんを対象にしたお口の健康管理を行っています。妊娠期からの口内ケアはこれから成長していく赤ちゃんの人生に関わる重要なものですので、「マイナス1歳」からの歯科予防をお手伝いできればと思います。当院近辺(大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市など)で妊婦歯科健診をご検討の方は、お気軽にご来院ください。

妊娠中のお口の健康リスクについて

妊娠中のお口の健康リスクについて

妊娠中、もっとも気をつけたいのが歯周病です。歯周病は早産や低体重児のリスクが健康時の約7倍になるという研究報告もあります。しかも都合の悪いことに、妊娠中は歯周病にかかりやすい条件が平常時よりも高くなります。女性ホルモンの増加によって特定の歯周病菌が活性化してしまうほか、つわりなどの影響で歯磨きがしにくく、お口の中の環境が悪化しやすくなってしまうからです。

そのため、妊娠をしたらできるだけ早めに歯科医院に通って、必要な診療を受けることをおすすめします。

ミュータンス菌を減らす事が大事

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌がゼロです。むし歯の原因菌となるミュータンス菌は、お母さんからお子さんへ唾液を通して移ります。
だからこそ、妊娠中からお母さんのお口の中にいるミュータンス菌を減らしておくことが大事なのです。それが生まれてくる赤ちゃんのむし歯予防につながります。まずは、ご自身のミュータンス菌を調べることから始めましょう。

妊娠中からはじめる赤ちゃんのむし歯予防は、お母さんから送るかけがえのない贈り物なのです。

PICK UP!

3才までの食育

ミュータンス菌は唾液を介して赤ちゃんに移ります。
例えばお母さんと同じスプーンを使用したり、ペットボトルの回し飲みなどが主な例です。
子どもの味覚はお母さんが与える食べ物により形成されますので、3才までは甘いものを控えるなど、意識することが重要なのです。

妊娠前と妊娠中の食生活の違い

妊娠前と妊娠中の食生活の違い

普段、規則正しい食生活を送っている方でも
妊娠中はつわりの影響から食生活が乱れやすくなります。
食生活が乱れる事でカリエスが出来やすくなり、妊娠前と口腔環境が変わることによって
妊娠中のむし歯・歯周病などのリスクが高まり、悪化しやすくなります。
その為、普段からご自身の口腔環境を知ることが大事なのです。
ご自身のむし歯のリスクを知っていることが、この時期のむし歯予防の第一歩です。

保育士が常駐しています!

保育士が常駐しています!

お腹に赤ちゃんを授かったら、お母さんは妊婦健診・妊婦歯科健診に行きましょう。
妊娠期はホルモンバランスの変化、唾液の減少、つわりや食生活リズムの変化などお母さんのお口の中の環境は急激に悪化します。妊娠前のむし歯のリスクを知っておくことが、妊娠中のむし歯予防につながります。
生まれた赤ちゃんのお口の中は無菌状態。保育者の口腔内細菌は唾液を介して赤ちゃんに移ります。保育者のむし歯菌がどれだけいるか調べておく必要があります。
歯みがきのしかた・フッ素の使い方・食事のとり方、あげ方、相談できる保育士が常駐しています。