インプラント・入れ歯・ブリッジ

失った歯の機能を回復するインプラント・入れ歯・ブリッジ

当院では歯をなくさない事を指針としていますが、もし外傷などで歯を失ってしまった場合、インプラント・入れ歯・ブリッジなどの治療で歯の機能を補う必要があります。歯を抜けたままにしておくと、隙間の方向へとなりの歯が傾き、歯並びが乱れてしまいお口の健康全体が損なわれる危険もあります。大野城市近辺(春日市・太宰府市・筑紫野市など)の歯医者「くぼ歯科クリニックこども歯科クリニック」では、患者さん一人ひとりに合わせた治療をご提供します。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯を失った部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、それを土台にして人工歯を装着する治療法です。顎の骨にしっかり固定されるので、自分の歯のようにしっかり噛むことができます。人工歯の見た目も自然で、一見するとインプラントとは分かりません。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • バネを使う入れ歯治療のようにとなりの歯に負担をかけない
  • となりの歯を支台にするブリッジ治療のようにまわりの歯を削る必要がない
  • インプラントが顎の骨にしっかり固定されるので、まるで自分の歯のような噛み心地
  • 入れ歯のようにずれたり、外れたりせず快適
  • セラミック製の人工歯は天然歯のようにナチュラルな見た目
  • メインテナンスにより長期間使用可能
  • 歯の本数にかかわらず治療できる
  • インプラントを埋入するための外科手術が必要
  • インプラントが安定するまでの期間がかかるので全体の治療期間が長め
  • 自費診療なので費用が全額自己負担になり比較的高価
  • メインテナンスを怠ると歯周病に似た「インプラント周囲炎」を起こしインプラントが抜けることがある
当院ではアストラティック・インプラントを使用しています。

アストラティック・インプラントは骨との結合が早く、骨吸収が少ないことが特長です。
その為、当院では歯失ってしまった際はインプラント治療が理想的な治療の1つであると考えています。

入れ歯について

入れ歯について

入れ歯は、失った歯を補う治療法として長く親しまれてきました。部分的に歯が残っている場合には部分入れ歯の適応になり、すべての歯を失った場合は総入れ歯の適応になります。入れ歯には保険診療と自費診療のものがあり、使用する素材や構造が異なります。

また、当院では10年間大学病院に勤め、経験と実績がある院長が担当していますので、ご安心ください。

入れ歯のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 保険診療の入れ歯は費用が比較的安価
  • インプラント治療と比べると自費診療の入れ歯でも比較的安価
  • インプラント治療より治療期間が短くて済む
  • ブリッジ治療のように健康な歯を削る必要がない
  • インプラント治療に比べて噛み心地が劣る
  • 見た目が不自然になりがちです
  • 自然な歯に比べて大きいので装着時に違和感がある
  • 食事や会話中にずれたり外れたりすることがある
  • ほとんどの場合、一定期間ごとに調整・修復が必要で、数年ごとにつくり替えた方が良い
  • 噛む力が伝わりにくいので顎の骨が痩せてしまうことがある
入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
入れ歯を固定するためのバネ(クラスプ)がない部分入れ歯です。バネがないので目立ちにくく作製できます。フィット感にも優れています。

金属床義歯

金属床義歯
上顎などに触れる床の部分を金属でつくった入れ歯です。レジン(歯科用プラスチック)を使う保険用入れ歯に比べて食べ物の温度が伝わりやすいので、飲食を楽しめます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー
歯根に磁性金属を被せ、入れ歯には磁石を埋入して磁力で入れ歯を固定します。入れ歯がピタッと固定するので、硬い物もしっかり噛ます。固定装置が外から見えないので、見た目が自然です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー
インプラントを併用した入れ歯、多数歯欠損に適応。ロケーター、マグネットなどを利用して作ります。

ブリッジについて

ブリッジについて

歯を失った箇所の両隣にある健康な歯を削って「柱」のような形にし、それを土台にして橋のように連なった義歯を取り付ける治療法です。保険適用なので安価にできますが、適応できる症例が限られ、健康な歯にダメージを与えるというデメリットがあります。自費診療のセラミック素材を使用すれば、自然な見た目に仕上げることが可能です。

ブリッジのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる
  • 噛み合わせを回復させることができる
  • 保険適用の範囲内で行えば安価
  • 歯列の安定したつながりを回復できる
  • 失った歯の数が多いと適応できない場合がある
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 噛むときに土台となる両隣の歯に負担がかかるうえに清掃性が悪くなるため、その歯を失うリスクが高い
  • インプラントより耐久性に劣る