小児矯正

心身の健やかな成長を助ける小児矯正

軟らかい食事が好まれるようになった影響などから、近年の日本では世代を重ねるごとに顎が小さくなっていると言われています。顎が細いと、シャープな印象がある一方で、歯が生えるスペースを確保しにくくなるというデメリットもあります。つまり、歯並びや咬み合わせが乱れやすくなってしまうのです。大野城市近辺(春日市・太宰府市・筑紫野市など)の歯医者「くぼ歯科クリニックこども歯科クリニック」では、お子さんの歯並びを治療する「小児矯正」を行っています。

小児矯正の重要性

歯並びや噛み合わせの乱れは、お口の中だけの問題ではありません。心身にさまざまな悪影響が生じる可能性があります。

歯並びや噛み合わせが悪いと……
  • 食べかすが溜まりやすく、ブラッシングでみがき残しができやすいので、むし歯や歯周病にかかりやすくなります
  • 舌が正しい位置で安定しないので、発音が不明瞭になることがあります
  • しっかり咀嚼できないので、胃に負担がかかり、成長に大切な栄養を効果的に摂ることができません
  • 咬み合わせの乱れによって使う筋肉に偏りが生じ、筋肉や顎の発達が左右非対称になる可能性があります
  • 歯がうまく噛み合わないことが筋肉のバランスを崩し、頭痛や肩こりなどにつながると言われています
  • 歯並びがコンプレックスとなり、笑顔をためらったり、引っ込み思案になったりすることがあります

小児矯正のメリット

  • 顎の成長を正しく促すことができるので、永久歯が整って生えやすくなります
  • 大人の矯正治療をする際に永久歯を抜歯する可能性を減らすことができ、期間短縮にもつながります
  • 歯並びを整えることで顔のバランスや全身のバランスも整い、健やかな発育を助けます
  • 歯並びの悪さでコンプレックスを持つことを防ぎます
  • 床矯正装置(拡大装置)やマウスピースを用いた治療で取り外しが可能です。

小児矯正のデメリット

取り外し可能な装置であるがゆえに、装置の使用が不十分だと、理想の結果が得られません。
装置を使うだけで、咬むことを怠ったり、指しゃぶりなどの癖をやめることができなければ理想の結果を得ることができません。

いつから始める?

いつから始める?

お子さんのお口の状態によって矯正治療を始める時期は異なりますが、「永久歯が生えそろう前」に始めるのが基本です。特に7~8歳にかけては上顎が急速に成長するので、この時期に上顎の成長を矯正によって適切に導くと、永久歯がきれいに並ぶためのスペース確保がしやすくなります。子どもの矯正治療では、上顎の成長が足りないときは広げるように、反対に上顎が突出しそうな場合はその成長を抑えるように導くことが可能です。
また下顎前突の場合は6歳までに治療を開始することが重要です。

どのぐらいの期間がかかる?

どのぐらいの期間がかかる?

子どもの矯正治療は、基本的に6~10歳のうちの1~3年ほど、すべての永久歯が生えそろうまでの間で行います。この時期は顎の成長を適切に導くのが矯正のおもな目的となり、「顎のずれの改善」「永久歯の生えるスペースの確保」が効果として表れます。
治療開始時期が遅かったり、装置をうまく使えない場合にブラケット治療に移行することがございます。
顎の大きさが足りないとこの段階で永久歯を抜歯しなければいけないこともあるため、第1期治療が重要になります。

小児矯正について

くぼ歯科クリニックこども歯科クリニックでは副院長が担当いたします。

床矯正(T4K・ムーシールド)

床矯正(しょうきょうせい)は入れ歯に似て取り外しのできる装置(床装置)を使います。
基本的に「床」「ネジ」「ワイヤー」でできており、装置についているネジを巻いて、少しずつ歯を動かしたり顎を広げたりすることで、歯が並ぶスペースを作ります。
見慣れない装置ですので、不安であると思いますが、正しく取り扱う事で「痛くなく」「むし歯のリスクを少なく」「自分の努力で治すことができる」などメリットがあります。1日14時間の装着が必要ですが、寝ている間に装着し、学校に行っている間(10時間)は外すことが可能となるたくさんのメリットがある治療方法です。