プラークコントロールと再石灰化

プラークコントロールと再石灰化

プラークコントロールと再石灰化

今回はプラークコントロールについて掘り下げてみようと思います。

1.歯ブラシの選び方

 ①ヘッドが小さく、毛足が短いもの

 ②毛の固さは、「ふつう~やややわらか」

 (やわらかすぎてもプラークが取れません)

 ③毛先が広がったら、新しいものに交換する

 (およそ1か月、1か月で広がるなら磨く力が強い)

2.仕上げ磨きのテクニック

 ①寝かせ磨きで頭を固定する

 ②唇をやさしく押し上げ、歯の面がよく見えるようにする

 ③歯ブラシを、鉛筆持ちで軽く握る

 ④歯の面に歯ブラシの毛先を直角に当て、1mmほど動かす。毛先が広がらない程度に優しく、1~2本ずつの歯に当てる。1か所10回~20回が目安。

 

*アドバイス

歯みがきを嫌がるときは、もしかすると少し痛いのかもしれません。歯ブラシは鉛筆持ちにして、上の前歯の唇側のヒモのようになっているところ(上唇小帯)は、指でカバーしてブラシが当たらないようにすると嫌がらないこともあります。あせらずゆっくり鳴らしていきましょう。

一覧に戻る